どうも、下手でもブログ書き続けます。haravideoです。

今日は撮影レベルがイッキい上がるアイテム、ジンバル、スタビライザーを紹介します。

 

初めから言います。Ghiyun craneを進めます。

ほんと買ってよかった。

 

 

まず、ジンバル、スタビライザーってなんなのか、

それはヤジロベエのようにバランスをとってカメラを支えるシステムです。

 

この私の初めての恥ずかしい投稿を見ていただければわかります。

 

と、まあ便利なものなんですが。

 

どれがオススメか

 

ですよね。

 

電動とそうでないタイプがありますが、

今回は電動について書きます。

 

でも実際に触ったことがあるのは二種類なのでその二つについて書きます。

 

まず、自分のカメラの重さを支えられるものかどうか。

それから駆動時間

そしてそれぞれの機能

 

大御所 DJIのローニン https://www.dji.com/ronin

4.2kg  6時間

動きが滑らかだし、アクセサリーも多い

何より4、2kgってのは魅力的!

それからでかいのを持ってるのはかっこいい。笑

 

中国メーカー GhiyunのGhiyun crane http://zhiyun-jp.com 日本語サイト

1.8kg  12時間

DJIのローニンに比べると構え方によってはカクカクする

 

1.8kg!今回はここに注目なんです。

ぼくはα6300というカメラを使っているんですが。軽いんですよ!

自分のカメラにレンズをつけて重さを測って見てください。

多分2kgってなかなか行かないんですよ。

 

駆動時間も12時間は魅力的ですが、こんなに使ったことはないですし、

変えの電池があれば気になりません。

交換バッテリー式、交換電池式の物をお勧めします。

 

 

ローニンは20万 ジユンは6万

 

いや、本当はローニン持って走りたいですよ!

モニターつけたり、リモコンつけたり!

でもきっとこのブログを見てくれている方はまだめちゃくちゃ詳しいってわけではないはず!

 

もし重さが1、8kgで足りるようであればGhiyun craneをお勧めします。

 

 

Ghiyun craneにも種類がある

このメーカーさん色々扱っています。

2017秋に新しいGhiyun crane2というものも出しました。

これめっちゃ欲しい。。

全体的にスペックもお値段も上がっているんですが。3.2kg 18時間 9万円

何よりフォーカスリングがついているということ!

マニュアルピントをカメラを触らずに動かせるんです!!!

どういうことかっていうと。。。

 

スタビライザーにカメラ乗せてる時にカメラ触るとめっちゃ揺れるんよ!

だからカメラ触らずにマニュアルでピントいじれるのはめちゃくちゃいいなーって思うんです!

 

あと、Ghiyun craneM っていうのもあるんだけれども小さくていいなーと思う!

でも650gってのはどうなんだろうなー?

 

それからGhiyun craneはケースから出して持って行けばリュックサックに入ります。

今年ぼくはモンゴルに持って行きました。

飛行機の荷物に預けるのは壊れそうでちょっと怖かったのでリュックに入れて持って行きましたが

邪魔にならなかったです!

カメラもつけたまま持っていたのですぐに撮影できて便利でした!

 

ただ、、、、、かちゃかちゃうるさいし傷もついちゃうのでタオルで包むことをオススメします!

 

 

以上Ghiyun crane大好き人間でした。笑

 

 

haravideo